skyclover*

I take a photograph and write a story. I want to have mind with a photograph. I want to leave thought with a photograph.
It is the only brightness, and it is the only prayer.

Profile Nao Kirisima

 

写真家である前にひとりの表現家であり思想家でありたい

写真家を名乗る桐島ナオ(Nao Kirisima)。でも、本当は代名詞や肩書きなんて何だっていい。
この気持ち、この記憶を、誰にも言わずシャッターを押そう。

ひとは、ひとりぶんの孤独だけを抱えて生きている。
それでも、残したいと思うのは、なんでなんだろう。

Profife by Nao Kirisima

写真:桐島ナオ
2012.04.07 Saturday in TOKYO Selfportrait

桐島 ナオ Nao Kirisima
写真家 Photographer
神奈川県生まれ/中央美術研究所出身

成人後に独学で写真を学び、写真スタジオ勤務フォトラボ経験のち、
テーマパークカメラマンを経て、広告編集部、
カメラメーカーの相談役勤務の後、
現在は平日を都内の商業広告写真スタジオディレクターとして勤務中。
スタジオが休みの日は写真教室PhotoCafe講師を勤める中、
写真作品撮影や個人撮影を中心に、
リトルプレス誌の発行、撮影ボランティア等も行っている。

東京キャットガーディアンでは猫の撮影会「ネコサツ!」や
「猫が邪魔する写真教室」を開催中。

好きなものは植物と動物と料理とワイン。
一人旅が大好き。
休日は料理と、まったく上達しないチェロ弾き。

奈良美智さんと、森博嗣さんが大好き。
2014年秋から猫のレオンと一緒に暮らしはじめました。

カメラはCanonとNikon、中判フィルムPENTACONSixTLを愛用中(機材詳細は下記)


写真と詩を組み合わせて物語として完成させる「STORYPhoto」を
2003年より製作し、現在も撮影中。
人の心と自分の心の境界線上にある感情と記憶を撮りたいと思い、
「frontière(境界線)」というテーマで撮り続けてきたものを
2014年、2冊の写真集に纏める(WEB非公開/非販売)。
現在は存在する命題を問う写真テーマ「présence(存在)」を模索しつつ、撮り続けている「Röntgen」蒼に沈む花シリーズも撮影中。

The result of the exhibition

写真:過去展示IMAGE
2010 The Story of the Country Which there is not Anywhere.
2012 graph#3 EX in DisignFesta"/
2013 All becomes a flower.

展示履歴
(主催のみ記載)
2006年3月 個展『春ノ世界』 Cafe BUENO
2006年8月 個展『Lights』 Cafe BUENO
2007年1月 個展『A square crystal of last moments for me.』 Cafe BUENO
2008年4月 個展『Disappear30』 Tricycle Cafe
2008年12月 講師展示『La;place8』 Gallery Terrace
2009年6月 個展『6月の羊。』 Tricycle Cafe
2010年7月 個展『何処でも無い国の物語。』 Tricycle Cafe
2010年7月 講師展示『Melange13』 Gallery Terrace
2012年3月 個展『春と君のあわいに。』 Tricycle Cafe
2012年4月 出版記念『graph #1』 Tricycle Cafe
2012年11月 出版記念『graph #2』 デザインフェスタ
2012年12月 講師展示『9UALIA. nine photographers 』 Gallery Terrace
2012年3月 出版記念巡回『graph #2』 Vesna!
2013年6月 二人展『全てが 花 に、なる。』 フォトカノン戸越銀座店
2014年12月 講師展示『12 strings.』 Gallery Terrace
2015年2月 『LEON the CAT』 東京キャットガーディアン
展示は全て終了しています。リンク先は展示当時の情報です。

Nao Kirisima's Camera

写真:PENTACON SIXTL

PENTACON SixTL

Nikon D610…主に動物、植物、風景撮影に使用。
Canon 5DMark2…主に人物、雑貨撮影に使用。
Canon EOSM…スナップ、日常、お手軽カメラ。
Nikon F100…35mmフィルム の時はこれ。
Nikon F90…フィルムサブ機。
PENTACON SixTL… 中判フィルムの時はこれ。

いまは使えないSX-70が忘れられずPENTACONSixに手を出したら久しぶりにフィルムにハマりました。
基本的にメカニカルな物が好き。露出を計算する事や仕様書、設計図大好き。
アナログもデジタルも一瞬が勝負。
どんなカメラを使ってもどんな媒体でも表現したい物は同じ。

INTERVIEWS for Kirisima

このページの上に戻る